決断力と先見力を高める    
心に響く   
名経営者の言葉。  

 ビジネス哲学研究会   
PHP研究所  

 【6】 
「社員のなかには知恵がある人間がたくさんいる。そういう人たちから自由さ、創造の喜びを奪ってはいけない。無鉄砲なくらいのチャレンジをさせなくては企業の若さは保てない」 
松本望 
(パイオニアの創設者) 

 抜粋。 
松本のチャレンジ精神と懐の深さは年老いても衰えることはなく、たとえばレーザーディスク販売開始時の売行き不調に不安の色をみせた石塚庸三(当時の社長)を「まったくの新製品なのだから売れなくて当たり前だ。あわてるな!」と一喝したという。 
企業にとって業績は重要である。しかし、業績ばかり目を奪われていたら、その企業に未来はない。「無謀だ」と思えるくらいのチャレンジ精神が、企業の未来を明るく照らすのである。  

一言。 
だが、実際には松本望のこの言葉は、現在のパイオニアからはもう感じられなくなってしまった。
何度も人員整理を繰り返すのに、スマートフォンで充分に代用出来る、誰も買わないカーナビを作り続けて大赤字を出した。
そしてまた下の社員のリストラを繰り返す。本当にリストラされなければいけないのは、無能な幹部達なのに。

パイオニア、経営破綻危機に…資金ショート寸前、カーナビ需要急減に対応遅れる https://biz-journal.jp/2018/09/post_24632.html 

役に立ちそうな本を手に入れたので、自分の勉強のためにも、ここに紹介していこうと思います。   
もし、ご意見等がありましたら、書き込みなどよろしくお願いします。