釣りと料理と気になる話

正直、ジャンルは決めていません。しいて言えば「自分自身の興味があるものごと」でしょうか。魚釣りから、昭和のもの。鉄道に小説や漫画。気になったものから、順番に掲載できたらいいな、と考えています。何とか続けていけるよう、頑張りたいですね。

2016年09月


日弁連が死刑廃止の宣言案 来月提出 「容認できぬ」遺族反発- 記事詳細|Infoseekニュース
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160925056?ptadid=

[詳しく見る]
社会
日弁連が死刑廃止の宣言案 来月提出 「容認できぬ」遺族反発

産経ニュース2016年9月25日07時58分
拡大

 ■「被害者の人権守られない」

 日本弁護士連合会(日弁連)が「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を、10月7日に福井市で開かれる「人権擁護大会」に提出することが分かった。日弁連はこれまでも死刑廃止についての社会的議論を呼びかけてきたが、廃止を明確に打ち出すのは初めて。一方、死刑制度の必要性を訴えてきた遺族や弁護士からは反発の声が上がっている。(滝口亜希)

                  ◇

 「死刑制度に反対している人は、何の落ち度もない遺族がどのように暮らしているか、考えたことはあるのでしょうか」。人権擁護大会を前に、今月15日に東京都内で開かれたシンポジウム。地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(69)が訴えた。

 今回、日弁連がまとめた宣言案は「遺族が厳罰を望むことはごく自然なこと」としながらも、死刑制度を廃止する国が増加していることなど国際情勢に言及。国内でも袴田事件など再審開始決定が続いており「冤罪(えんざい)で死刑となり執行されれば、二度と取り返しがつかない」としている。その上で「国連犯罪防止・刑事司法会議」が日本で開催される32年までに死刑制度を廃止し、終身刑などの導入を検討するよう求めている。

 日弁連は23年に、死刑廃止についての全社会的議論を呼びかける宣言を採択。今回、廃止にまで踏み込んだことは、露メディア「スプートニク」が日本語版で「グローバルなトレンドか、日本社会の立場の変化か?」と取り上げ、プーチン大統領が死刑の再実施に反対したという演説とともに紹介するなど、国外からも注目が集まっている。

 宣言案は人権擁護大会に出席した弁護士の過半数の賛成で採択されるが、反発の声も上がっている。

 「日弁連は人権団体といわれているが、結局は加害者の人権しか守っていない。宣言案はとても容認できない」と話すのは、全国犯罪被害者の会(あすの会)の松村恒夫代表幹事。「死刑は被害者の無念に報い、遺族がけじめをつける機会でもある」と死刑の必要性を訴える。

 そもそも、全弁護士が加入を義務付けられた日弁連が特定の立場を表明することには批判も根強い。

 犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務局長の高橋正人弁護士は「強制加入団体が思想・良心の自由に関することを多数決で決めるのはおかしい。こんなことが通るならやりたい放題だ」と手続き自体を問題視する。

 日弁連は27年に、死刑求刑が予想される事件の弁護活動について会員向け手引を作成。否認事件などでは被害者が被告に質問できる被害者参加制度に反対することなどを盛り込んだ。高橋弁護士は「宣言案は、被害者の手続き面の権利を侵害した手引と合わせて、被害者の権利を根こそぎ奪い取るものだ」と憤る。

 これに対し、日弁連死刑廃止検討委員会事務局長の小川原優之弁護士は「個々の会員の思想・信条を侵害するものではない」とした上で、「日本では死刑の存廃に関する公の議論が深まっていない。日弁連の宣言で何かがすぐに変わるわけではなく、社会全体が死刑について議論するきっかけにしてほしい」と話した。


起業3年目までに知るべき「永続的にビジネスを成功させる秘密」- 記事詳細|Infoseekニュース
http://news.infoseek.co.jp/article/suzie_19189?ptadid=
起業3年目までに知るべき「永続的にビジネスを成功させる秘密」

Suzie2016年9月24日19時08分

『稼ぎたければ、捨てなさい。―起業3年目までに絶対知っておきたい秘密の裏ルール』(船ヶ山哲著、きずな出版)の著者については、その名を聞いたことがあるという人もいらっしゃるかと思います。

心理を活用したマーケティング手法により「人脈なし、コネなし、実績なし」の状態から急成長を遂げた起業家。

起業後3年にして、上場企業から町の小さな商店まで300社以上のクライアントを獲得したのだといいます。

つまり、そんな実績をベースとして、「永続的にビジネスを成功させるための秘密」を明かしたのが本書だということ。

■価値にフォーカスすれば失敗しない

ビジネスとは、「価値と価値の交換」で成り立っているもの。著者は本書で改めて、その点を確認しています。

商品という価値をお客様に届け、お金という価値を対価として受け取る。それこそが、ビジネスの本質だということ。

だから、もし手元に資産や貯金がないのだとしたら、それはこれまで価値を届けてこなかった証拠だというのです。

そして、その価値にさえフォーカスしておけば、大きな間違いを犯すことはないともいいます。なぜなら、「商品=価値=お金」だから。

いいかえれば、価値が商品とお金を生み出してくれるということです。

■価値の量が最終的な価格に比例する

お金儲けが下手な人は、一生懸命やることと、売り上げは比例すると信じているもの。しかし、それが勘違いなのだと著者は指摘します。

ビジネスがお客様に価値を届けるものである以上、それは自分のエゴを満たすことではないはず。だからビジネスを行う際には、お客様の価値にフォーカスしなければいけないというのです。

そして、そのお客様が期待する結果の大きさや価値の量が、最終的な価格に比例する。すなわち、大きな売り上げを目指すのであれば、労働に頼らない仕組みや考え方を取り入れていく必要があるのだそうです。

なお、それを叶えてくれるもののひとつが、著者のいう「秘密」に隠されているのだとか。

■話していいor話すべきでないこと

その真実とは、「『what to(なにをやるか)』は話してもいいが、『how to(どうやってやるか)』は話してはいけない」といことだといいます。

さらに、もうひとつ気をつけなければならないポイントがあるといいます。

それは、「what toを聞くと、知った気になってしまう」ということ。そうなってしまった人は、自分の能力を過信してしまうというのです。

でも、それは仕方がないと。「平均以上効果」という心理が働いてしまうため、自分の能力を過信してしまうのが人間だから。

多くの人はなにかを行う際、「自分は最低でも平均以下になることはない」と信じているもの。そして、そのような“錯覚する行為”が自分を過信させ、失敗に導いてしまうというのです。

しかし、それはあくまで幻想でしかなく、本当の答えなどそこにはないと著者は指摘します。なぜなら大切なのは手段ではなく、本質だから。しかし多くの人は、そのことに気づいていないというのです。

■どうやってやるかを説明しない理由

では、販売者はなぜ「how to(どうやってやるか)」をいわないのでしょうか?

それは、「目的の違い」なのだそうです。

販売者の最終目的は、商品を売ること(how to)です。

しかし購入者の目的は、お客様を増やすこと。だとすれば、商品の先にある結果がそもそも違うのですから、成果が出なくても当然。

だからこそ、本気で成功を望むのであれば、その目的の違いに気づき、これらの手法を知ることが大切だと著者はいうのです。

ビジネスですから、目的の違いがあるのは仕方がないこと。

たとえば、デパ地下で試食を延々と続ける人はいないでしょう。試食はあくまでお試しであって、信用を得るための手段にすぎないからです。

大切なのは、目の前に来た情報をチャンスと捉えるのではなく、お互いの目的の違いに気づくことだといいます。

なぜなら現代のビジネスは昔と違い、「仕組み」が成否を分けるから。

■仕組みの裏側に潜む本質を知るべし

いい商品さえつくれば売れるという過去の時代とは違い、現代では「いわれたことしかできない人=使えない」ということになります。

いわれたことだけをきちんとやっていても、勝てる時代ではないということ。

逆にいえば、いまは個人であっても、気軽に仕組みを構築できてしまう時代であるわけです。

そこで、目先のものだけにフォーカスするのではなく、裏側に潜む本質を知ることが重要。

それを知ることで、販売者の真意や本当の目的を知ることができるのだと著者は主張します。



著者の言葉はときにシリアスですが、だからこそ訴えかけるものがあるのも事実。稼ぎたいという思いを持っているのなら、その糸口をつかむためにも読んでみて損はないかもしれません。

(文/作家、書評家・印南敦史)



【参考】

※船ヶ山哲(2016)『稼ぎたければ、捨てなさい。―起業3年目までに絶対知っておきたい秘密の裏ルール』きずな出版


最新の研究で判明!「目標を達成する」ためのたった2つの心得 | BizLady(ビズレディ)
http://sgk.me/2cHKHN2
最新の研究で判明!「目標を達成する」ためのたった2つの心得

2016/09/21 07:45

by エリ井上エリ

Send in the LINE

[最新の研究で判明!「目標を達成する」ためのたった2つの心得]

今年も残すところ数カ月と、時間の経過は早いものです。年始に掲げた目標は、達成に向けて順調に進んでいるでしょうか?

固く決意しても、ついつい怠けて楽な方を選んでしまいがち。いつの間にか目標を忘れて、日々を過ごしてしまい、毎年目標を達成できずにいる人もいるでしょう。

それは自分の意思の弱さというよりも、人間としてある意味当たり前。しかし、目標を達成して常に前進し続けられる人とそうでない人では、キャリア面だけでなく人間として大きく差が開きます。ステップアップし成長できる人は、どのように目標に取り組んでいるのでしょうか。

そこで今回は、ビジネスハックサイト『James Clear』に掲載されている最近発表された研究結果を参考に、定めた目標を遂行するための心得2つをご紹介します。


■1:一点集中で取り組む

<目標の行動をいつ、どこで、どのように実行するのか、具体的に計画した方がしない場合よりも、習慣を続けられる確率が2~3倍高くなることが研究で判明しています。>

例えば「毎週土曜日3時にジムで20分運動をする」といった具合に、計画を立てて書き出してみてください。仕事、勉強、喫煙などあらゆる分野において有効な方法です。

しかし、後の新たな研究報告によると、実行意図が効果を発揮するのは目標を1つに絞った場合のみ。複数の目標を立てて頑張りすぎてしまうと、長くは続かないうえに、意志が弱く成功率も下がってしまうのです。

欲張ってたくさんの目標を無理に立てるのではなく、最も遂行したい目標一点集中で取り組みましょう。


■2:長期スパンで考える

目標を1つに絞ることで、遂行するための行動が習慣化されやすくなるというメリットもあります。始めは意識的に行っていた行動が、継続することで無意識に日々のルーティンの一つとなるのです。

<習慣というのは、多くの反復と実践があってのうえで身につくもの。繰り返す回数が多いほど、行動がより自動的になるのです。>

難易度や環境にもよりますが、完全に新しい習慣を定着させるには約66日要するという研究結果が出ています。

あなたにとって重要で、どうしても達成したい目標ほど楽ではないでしょう。楽ではないからこそ、単発的に結果を求めるのではなく、長期スパンで物事を考えるべき。



以上、定めた目標を遂行するための心得2つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

現実とはかけ離れた理想を追い求めるのではなく、少しの努力で届きそうな目標を掲げましょう。一新して新しい自分に生まれ変わりたいと思っても、人間はガラリと変われるものではありません。また、どんなに努力をしても、タイミングや人との縁など、自分一人ではどうしようもないことだってあるのです。

2016年残りをどのように過ごし、今年を締めくくるか。心得を胸に刻み、自分と対話しながら考えてみてくださいね。


凄く食べていると思う。


日本人が大量摂取のパーム油は超危険!パン、菓子、カップ麺…発がんや糖尿病のリスクも|ビジネスジャーナル スマホ
http://biz-journal.jp/i/2015/09/post_11496.html

林裕之&林葉子「少油生活のススメ」
日本人が大量摂取のパーム油は超危険!パン、菓子、カップ麺…発がんや糖尿病のリスクも
文=林裕之/植物油研究家、林葉子/知食料理研究家
2015.09.10

カップ麺:77g中15.2gがパーム油

 本連載では、子どもからお年寄りまで現代人が陥っている、リノール酸の過剰摂取による炎症体質、いわゆる“油病”について解説してきましたが、植物油にはほかにも大きな問題があります。そのひとつがトランス脂肪酸です。

 トランス脂肪酸は、液状の植物油に水素を加えて固形化させる過程で発生する物質です。狭心症や心筋梗塞などの冠動脈性心疾患のリスクを増大させるとされ、今年6月にアメリカ食品医薬品局(FDA)は、食品への添加を3年以内に全廃すると発表しました。

 日本人の1日当たりのトランス脂肪酸平均摂取量は0.9gと推定されており、世界保健機関(WHO)が提唱している基準値2gよりも少ないため、健康への影響は小さいとして表示義務もない“野放し”状態です。

 トランス脂肪酸は、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングに特に多く、それらを原料としてつくられるパン、ケーキ、ポップコーン、チョコレート、ポテトチップス、コーンスナック、アイスクリームなど多くの食品に含まれます。洋菓子やスナック菓子などをよく食べる子どもや、若年層を中心に基準値をオーバーしている人が多いことは容易に想像がつきます。国民の健康を考えれば、諸外国並になんらかの規制が必要でしょう。ちなみに韓国は2007年、中国は13年にトランス脂肪酸含有量の表示を義務化しています。

 国が規制を避けている一方で、農林水産省のHPでは「食品事業者が技術的に可能な範囲でできるだけトランス脂肪酸の低減に取り組むことは、健康に悪影響が発生する可能性をできる限り低くする観点からは望ましいことです」と掲載し、事業者へ自主規制を促しています。それに呼応するように、ファストフードチェーンや食品加工業などの食品事業者は、トランス脂肪酸の少ない油に切り替えるなどの対策を急速に進め、改良した油の安全性を強調しています。

パーム油は大腸がんや糖尿病の危険

 しかし、安全だとして代替に使われている油もトランス脂肪酸に劣らぬ危ない油なのです。それはパーム油です。日本では家庭で使われることがほとんどないため認知度は低いのですが、すでに日本人は平均で年間4kgものパーム油を摂取しているのです。

こんなところにも隠れ油!バニラアイスの植物油23.1g/200ml(パーム油とキャノーラ油の混合油が多い)

 パーム油はアブラヤシの実の果肉部分を原材料とした半固形の植物油で、今流行のココナツオイルとは別ものです。インドネシア、マレーシア、タイが主な原産国で、収穫量は菜種の70倍と桁違いに多く、年間を通して安定して収穫ができるため、森林を伐採して栽培面積は増えています。

 かつてパーム油(アブラヤシ油)は主に石鹸の原料でしたが、精製法が向上して食用油として世界中で消費されるようになり、今では生産量世界一の植物油です。日本での消費量はキャノーラ(なたね)油に次いで2番目で、ファストフードや惣菜の揚げ油、パンやドーナツ、ポテトフライ、ケーキ、クッキー、カップ麺などに使われています。マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸の毒性に注目が集まる中、水素添加しなくとも半固形で無味無臭なため用途が広く、何より安価なパーム油は消費量を伸ばしています。

 しかし、そのパーム油も決して安全な植物油ではありません。

 日本人のがん死亡者数で女性の1位、男性の3位である大腸がんは、さらに増加傾向にあります。リノール酸には大腸がんの発がん促進作用があるといわれていますが、リノール酸の少ないパーム油にも発がん促進作用があり、ラットの実験ではリノール酸よりもパーム油を与えたほうが大腸がんが多発したとの報告があります。

 また、パーム油には血糖値を下げるインスリンの働きを阻害する作用も確認されており、糖尿病の発症にも深く結びついています。

 さらに、マウスにパーム油を与えた別の実験では、キャノーラ油、ラードを与えたマウスより異常に生存率が低かったとの報告もあります。
 
 こうした報告を裏付けるように、農水省のHP「トランス脂肪酸の低減」のページには、次のような記載があります。

「米国農務省(USDA)は、食品事業者にとってパーム油はトランス脂肪酸の健康的な代替油脂にはならないとする研究報告を公表しています」

 安全性に疑問の残るパーム油は、トランス脂肪酸以上に危険な「隠れ油」なのです。本連載でお勧めしている「少油生活」を実践する意義は、ますます深くなっていきます。
(文=林裕之/植物油研究家、林葉子/知食料理研究家)

●林 裕之 1956年 東京生まれ(植物油研究家)/林 葉子 1954年 東京生まれ(知食料理研究家)
娘のアトピー再発をきっかけに植物油の害を知る。あまり知られていない植物油の正しい情報を知ってもらうべく、「油を変えて美味しく体質改善」をテーマに、レシピ本や料理教室、ブログなどの活動を夫婦で展開中。著書に『「DE-OIL」でキレイになる』(MIDI)、『体に良い油で作る絶品料理 (1)からだがよろこぶ!賢脳・健康レシピ』『体に良い油で作る絶品料理 (2)あたまがよろこぶ!賢脳・健康レシピ』(ともにダイナミックセラーズ出版)などがある。

ブログ:「『DE-OIL』でキレイになる」…オメガ3系の油“アマニ油、えごま油” で体質改善。体と頭に効く油別の料理ブログ。

料理教室:ブログで告知中

参考文献
『オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい!』(奥山治美/綜合ムック)
『なぜ「油」をかえると、長生きできるのか: 摂り方・選び方すべてがわかる本』 (藤田紘一郎/知的生きかた文庫)

↑このページのトップヘ