釣りと料理と気になる話

正直、ジャンルは決めていません。しいて言えば「自分自身の興味があるものごと」でしょうか。魚釣りから、昭和のもの。鉄道に小説や漫画。気になったものから、順番に掲載できたらいいな、と考えています。何とか続けていけるよう、頑張りたいですね。

2016年07月


image


image


背中に入れ墨。耳にピアス。勤務中は禁止されているタバコを持ち歩き、挙げ句に同僚に「障害者は安楽死が良い」と意見するなんて、明らかにまともじゃないでしょうが!
面接官は一体何を見て採用したのやら?



相模原19人刺殺事件 植松容疑者の「措置入院」でも防げなかったのか- 記事詳細|Infoseekニュース
http://news.infoseek.co.jp/article/27fujizak20160727008?ptadid=

相模原19人刺殺事件 植松容疑者の「措置入院」でも防げなかったのか

夕刊フジ2016年7月27日17時12分

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺されるという平成以降最悪となった大量殺人事件。殺人未遂容疑などの疑いで逮捕された元施設職員、植松聖(さとし)容疑者(26)は凶行を示唆するような主張や発言を繰り返し、今年2月に精神保健福祉法に基づき強制入院させられていた。だが、短期間で退院となり犯行に及んだ。行政、医療の間で生かされなかった犯行のサイン。未然に防げなかったのか。憤りとやるせなさが渦巻いている。

 神奈川県警津久井署捜査本部の調べに対し、植松容疑者は「(複数の障害がある)重複障害者を救ってあげたかった。後悔も反省もしていない」と供述。その一方で「突然のお別れをさせるようになってしまい、遺族には心から謝罪したい」と話しているという。

 捜査本部は27日午前、殺人容疑に切り替えて植松容疑者を送検。身柄を送られる最中、警察車両のなかで同容疑者は、不気味な笑みさえ浮かべていた。

 植松容疑者は2月、東京都千代田区の衆院議長公邸を訪れ、今回の凶行を示唆するような大島理森(ただもり)衆院議長宛ての手紙を警戒中の警察官に渡していた。手紙には、標的の1つとして「やまゆり園」を名指し、「障害者総勢470人を抹殺する」などと書き記していた。

 相模原市などによると、植松容疑者は「重度の障害者は生きていても仕方ない。安楽死させた方がいい」と同月18日、同僚職員に口走り、翌19日、津久井署の事情聴取に対し、「大量殺人は日本国の指示があればやる」旨の発言もあった。

 警察から連絡を受けた市の職員が同署に出向いて面接し、他害の恐れが強いと判断。指定医が「措置入院」の必要があると診断し、入院が決まった。

 措置入院となった植松容疑者は、尿から大麻の陽性反応が出たことから、奇行は大麻使用による精神、行動の障害などと診断された。だが、症状が改善し、反省の言葉を口にしたため、「他人に害をなす恐れがなくなった」と判断され、入院から12日後の3月2日には退院していた。

 一連の過程のなかで相模原市は、植松容疑者から大麻の薬物反応が出たことについて、警察や当時の勤務先だった障害者施設に報告していなかった。同市の担当者は「届け出の義務はないので届け出ていない」としたうえで「退院後の動向は一切把握していなかった」と説明している。

 ヒガノクリニック院長で精神科医の日向野春総氏は、わずか12日間での退院について、「両親や友人らにヒアリングして患者のデータを収拾するだけでも1~2週間はかかる。そこから治療方針を決めるため、通常は1カ月様子を見る。12日で退院させるというのは短い印象だ」と指摘し、こう続ける。

 「植松容疑者は意識障害もないし、鬱状態でもない。これまで普通に勤務していたのに、急に過激な言動を口にするようになった。急性薬物中毒の典型的なパターンで、医師も『薬物中毒のための一時的な錯乱』と診断してしまった可能性がある。ただ、一部の患者は表向き平静を装って医師を欺くケースもある。私も措置入院の患者を診た経験があるが、ある患者は反省の言葉を口にする陰で、夜中にこっそり殺人計画をノートにつづっていた。今回は、退院後のケアがなかったのも災いした面は否めない」

 行政、医療、司法が連携し、市民生活の安全を保障するシステムの構築が必要-。多くの関係者がこう訴えている。
fuji


直木賞の本はチェックだな。



<直木賞>荻原浩さんの「海の見える理髪店」が受賞 芥川賞は村田沙耶香さんの「コンビニ人間」(まんたんウェブ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000018-mantan-ent

第155回芥川龍之介賞(以下、芥川賞)と直木三十五賞(以下、直木賞)が19日、発表され、芥川賞は村田沙耶香(むらた・さやか)さんの「コンビニ人間」(文學界6月号)、直木賞は荻原浩(おぎわら・ひろし)さんの「海の見える理髪店」(集英社)が受賞した。

【写真】前回は…この人たちが受賞

 荻原さんは、1956年6月30日生まれ、埼玉県出身。成城大学経済学部卒業。広告制作会社勤務、フリーのコピーライターを経て、97年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2004年刊「明日の記憶」で第18回山本周五郎賞受賞。05年刊「あの日にドライブ」で第134回直木賞候補。06年刊「四度目の氷河期」で第136回直木賞候補。08年刊「愛しの座敷わらし」で第139回直木賞候補。10年刊「砂の王国」で第144回直木賞候補。14年刊「二千七百の夏と冬」で第5回山田風太郎賞受賞。直木賞候補は今回が5度目。

 村田さんは、1979年8月14日生まれ、千葉県出身。玉川大学文学部芸術文化コース卒。2003年「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。08年に出版した「ギンイロノウタ」で第31回野間文芸新人賞、12年刊の「しろいろの街の、その骨の体温の」で第26回三島由紀夫賞を受賞。芥川賞は初ノミネート。


頑張って実行していこう。

「ドクター堀江のテストステロンを上げるための10カ条」を以下に載せますので、ご参考になさってください。

第1条 適度な運動をする……筋肉が刺激されるとテストステロンが作られます。
第2条 仲間とともに行動する……チームスポーツのほうがより効果的です。
第3条 ストレスを解消する……ストレスはテストステロンの大敵です。
第4章 夜更かしをしない……テストステロンは、夜寝ているときに作られます。
第5条 女性と接する……世代を問わず初めて会う女性と話すだけでもいいのです。
第6条 学生時代の友達と会う……利害関係のない友人関係が大事です。
第7章 パワースポットに出かける……自分が元気になれる場所を見つけましょう。
第8章 海に入る! ……プールではなく海のほうがテストステロンを上げます。
第9章 「臭い話」で盛り上がる……嗅覚の刺激が効果的です。
第10章 ゲームをする……神経伝達物質ドーパミンがテストステロンを高めます。



日本人が知らない「男の更年期」の恐怖(東洋経済オンライン)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160715-00125752-toyo-soci



日本人が知らない「男の更年期」の恐怖

東洋経済オンライン 7月15日 6時0分配信

日本人が知らない「男の更年期」の恐怖
もっと多くの人に男性ホルモンの役割と存在意義を知ってもらいたい、と語る堀江重郎先生(撮影:梅谷秀司)拡大写真

「最近まったくヤル気が出ない」「気分が落ち込む」「ちょっとしたことでイライラする」。仕事をする意欲がわかず、なにもかもおっくうで、「オレって、ひょっとしたらうつ?」とひとり悩んでいる方も多いのでは……。
実際、日本の気分障害(うつ病、双極性障害を含む)の患者数は、1999年の44.1万人から、2014年には111.6万人に急増している(厚労省)。会社でもうつ病を発症する人が多く、ビジネスパーソン全体の3%がうつともいわれている。いまやうつ病は、ビジネスパーソンにとってきわめて身近で深刻な病気となっているのだ。
だが、「ヤル気が出ない」といったうつ症状の原因として、うつ病以外のもうひとつの病気の可能性を指摘する医師が増えている。男性ホルモン(テストステロン)低下による「男性更年期障害」が、深刻なうつ症状の原因となっているというのだ。女性更年期のように広く認知されていないが、男性更年期障害が40代以上のビジネスマンに急増しているという。
最近注目を集めはじめた、この男性更年期障害(LOH(ロー)症候群)の実態と正しい対処法を、このたび『うつかな? と思ったら男性更年期を疑いなさい』を上梓した堀江重郎・順天堂大学医学部教授に聞いた。■  うつ病と思い込んでしまうケースも

この記事の写真を見る

 ――うつ病だと思い込んでいる人の中には、「男性更年期障害」の人が多いのですか? 

 男性更年期障害の症状には個人差がありますが、中には体調不良で寝込んだり、気分が落ち込んでうつ病と思い込んでしまうケースもあります。

 実際、うつ病患者の多くが、男性ホルモン「テストステロン」の不足に陥っているのに、ほとんどの場合はその可能性すら顧みられていません。そればかりか、大量の抗うつ薬を投与されても治らず、かえって悪化させているケースもあります。抗うつ薬のなかには、テストステロンを下げるものもあるのです。

 私のところにきた患者さんでも、2年間にわたり、うつの薬を飲んでいたという方がいらっしゃいました。抗うつ薬を4種類飲んでいたのですが、テストステロンはかなり下がっていました。これまで、テストステロンが下がっているうつ病の患者さんでは、5割を超える人が、テストステロンを補充することで症状が改善しました。

――男性にも更年期障害があったのですね。

 男性ホルモン、主にテストステロンというホルモンですが、40歳を過ぎると徐々にこのホルモンが少なくなってきます。

 あまり大きく減ってしまうと、元気がなくなって気分が落ちこんだり、イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。身体面でものぼせたり、汗が出たり、冷え性になったりと、さまざまな健康障害が起こります。

 これこそが「男性の更年期障害」なのです。更年期障害というと、なんとなく「女性特有のもの」と受け取られがちですが、実は男性にもあるのです。そればかりか、女性以上に深刻であるともいえます。

 テストステロンが減少して男性更年期症状が出る病気を、医学的には「LOH(ロー)症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼びます。このLOH症候群が、いま、日本人男性に急増しているのです。

■ 男性更年期障害は女性より深刻

 ――女性以上に深刻とは、どういうことなのでしょうか? 

 よく知られているように女性の更年期障害は、一般的に40代後半から50代で、のぼせ、多汗、動悸、立ちくらみなどの症状を訴える人が多いようです。イライラや不安感、ヤル気が出ないといった精神症状を訴える方もいらっしゃいます。

 でも、女性の更年期障害は、閉経の前後5年以内の一過性のできごとです。程度の差はあるものの、どの女性も通過する症状です。年をとるにつれて治まります。

 しかし、男性の更年期障害は、テストステロンなど男性ホルモンの減少に伴う病気です。じっとしていてもよくならず、正しい対処をとらなければ、一生続くこともあるのです

 ――なぜ、男性更年期はあまり知られていないのでしょうか? 

 男性ホルモン不足というと、男性機能の低下に結びつけて考えられることが多く、そのことが男性更年期についての啓発を遅らせた面があると思います。

 「男性ホルモンの治療」というと、「精力増強」と思い込んでいる人も多く、うつ症状と結びつけられることはまれです。そうしたことが、男性更年期についての正しい知識の普及を遅らせているひとつの原因だと思います。

 たしかに、男性ホルモンであるテストステロンの不足は、男性機能の低下とも大きく関係しています。しかし、大多数の男性、特にビジネスマンにとっては、さまざまな精神症状のほうがより深刻な問題なのではないでしょうか。
――最近、ビジネスマンに男性更年期障害が急増している原因は何なのでしょうか? 

 競争の激化、成果主義の導入などにより、企業社会がより高ストレス化してきたことも背景にあるのではないでしょうか。男性ホルモン・テストステロンは、強いストレスがあると作られません。ストレスにより、テストステロンが低下してしまうのです。

 ――男性更年期は、具体的にはどのような症状なのでしょうか? 

 精神症状としては、健康感の減少、不安、イライラ、うつ、不眠、集中力の低下、記憶力の低下、性欲の減少といったことが挙げられます。40代以上の方は、何かしら心当たりがあるのではないでしょうか。

 また、身体症状では、筋力低下・筋肉痛、疲労、ほてり・発汗、頭痛・めまい・耳鳴り、性機能低下、頻尿、いわゆる「朝立ち」の消失といったことが挙げられます。

 また、テストステロンは、メタボや糖尿病など生活習慣病とも大きな関係があり、テストステロンが不足すると、生活習慣病の発症リスクを上げるともいわれています。

■ ビジネスと男性ホルモンの関係

 ――集中力や記憶力とも関係するのですから、テストステロンは、仕事力、ビジネス能力といったこととも大きな関係があるようですね。

 テストステロンの不足は、やる気の低下や無気力感などをもたらしますから、しっかり仕事をするには、テストステロンがしっかり出ていることが不可欠でしょう。経営者やビジネスパーソンにとって重要な、判断力、決断力の向上にも大きな影響を及ぼしますから、テストステロンが多いことが「できる人」の条件ともいえます。

 しかも、そうした能力面ばかりでなく、テストステロンは、社会においてどうふるまうかといった「男の生き方」も深くかかわっています。

 テストステロンの高い人は、チャレンジ精神、冒険など自分の世界を広げる意欲の強い人です。これは、企業家精神や、営業での新規開拓力といったことにつながるでしょう。また、テストステロンの高い人は、仲間と社会との協調を大切にする、健全な競争心の強い人でもあります。自分が不利益をこうむっても公平性を重視するといったこともテストステロンのなせるワザです。

 テストステロンが高い人は、そういった意味で、よきリーダシップを発揮できる人が多いのです。面白いことに、どこの会社でも、テストステロンが一番高いのは社長であることが多いようです。

 ――テストステロンを仕事に活かす方法はありますでしょうか? 

 テストステロンは夜寝ている間につくられます。したがって、朝がいちばん高くて、夕方になるにつれ、減っていきます。ですから、重要な決断をするのには、テストステロンが上がって決断力・判断力が高まっている朝がお勧めです。逆に夜は、大事な決断をするのは避けたほうがいいのです。

 また、テストステロンはシナプスの増加を促し、記憶力の向上に結びつくという発表もあります。そうしたことからも、朝をビジネスや学習に活用することは有効です。朝型生活や朝活を勧めるビジネス書が多いことも、知らないうちにテストステロン効果を活用しているのかもしれませんね。

――テストステロンは、人間関係においても有利に働くのでしょうか? 

 実は、「男らしさ」「男の魅力」といったことはテストステロンに負うところが大きいのです。テストステロンが強く働いている人は、正義感が強く、いわゆる「男らしい男」「男の中の男」となります。男性は男性同士でそうしたことをかぎ分けるとされ、テストステロンの高い男性は、同性から支持される傾向があります。つまりテストステロンが高い人ほど、男性から人望があるといえるのです。これはビジネスにおいて、大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

 また、女性は、やはり男らしさに惹かれるものでしょうから、テストステロンの高い男は女性から人気があり、モテるといえるかもしれません。

■ 自分でできる「男性更年期障害」チェック

 ――テストステロンの高い低いは、どのようにすればわかるのでしょうか。

 外見から簡単にチェックできる方法があります。左右どちらでもいいですので、人差し指と薬指を見てください。簡単にいえば、薬指が長いほど、テストステロン値が高いのです。ですから、男性は、人差し指より薬指のほうが長い人が多いのです。

 これにはちゃんと根拠があります。指の骨にはテストステロンのレセプター(受容体)が存在するのですが、薬指には特にレセプターが多く存在するため、テストステロンが高い人ほど、薬指が発達するのです。

 ですから、女性は一般に、人差し指のほうが薬指より長いか、あるいは同じくらいです。でも、女性でも、バリバリ仕事をしていて上昇志向の強い人、経営者などは薬指が長い傾向があります。おもしろいでしょう。

 ――テストステロンが不足しているかどうかは、どうすればわかるのでしょうか? 

 本でも紹介しましたが、医療機関などで使われている、17項目の質問表(AMS調査票)があります。「AMS調査票」とネットで検索すれば、質問表は簡単に見つかります。ひとつの目安になるので、まずご自分でチェックしてみてはいかがでしょうか? 

 これで、合計が26点以下は正常、27~36点は軽度の男性更年期症状、37~49点は中程度の症状、50点以上は重症の可能性が高いとされます。50点以上の場合は、医療機関で受診するべきでしょう。

 ただし、この質問表だけでは判断できない部分もあるので、あくまで参考にとどめてください。これにあてはまらなくても、これまで述べてきたような症状が気になる人は、男性更年期を疑ってみたほうがいいかもしれません。
――男性更年期の可能性が高い場合は、どうすればいいのでしょうか? 

 泌尿器科やメンズヘルス外来で、正確なテストステロンの値を測ってもらってください。費用もさほどかからないし、簡単な血液検査ですぐにわかります。血液1ミリリットル中のテストステロン値の量が、おおむね300~350ナノグラム以下の場合、LOH症候群(男性更年期障害)と診断され、治療の対象となります。

 LOH症候群と診断された場合でも、男性ホルモン(テストステロン)補充療法を受ければ、ほとんどの場合、劇的に回復することができます。順天堂大学のメンズヘルス外来では、直接テストステロンを補充する治療よりも、漢方薬などによりテストステロンをつくる働きを高める治療を中心に行い、多くの方が回復されています。

 ――テストステロン補充療法を受けている人は増えているのでしょうか? 

 アメリカでは2014年の段階で、40歳以上の男性の30人に1人に当たる170万人がテストステロンを使った治療を受けています。調査から漏れている人を入れれば、この数倍の方がテストステロン補充療法を受けているとされます。

 アメリカでは、ちょっとしたテストステロンブームになっています。「テストステロン的だね」というのが、ほめ言葉になっているくらいです。日本でいえば、「マッチョでカッコいいね」といったところでしょうか。

 一方、日本で、テストステロンを使った治療を受けている人は2万人にすぎません。これは、韓国やシンガポールなどアジアの国々のなかでも少ないほうです。先ほども申しましたように、日本は、男性ホルモン・テストステロンについての啓発が遅れた「ホルモン後進国」なのです。

 ――泌尿器科なら、どこでもテストステロンについての治療を受けることができるのでしょうか? 

 どの泌尿器科でもテストステロンに関する治療を行っているわけではありません。事前にネットなどで調べていかれるといいでしょう。「テストステロン」「男性更年期」「LOH症候群」「男性ホルモン補充療法」などと検索して調べれば、すぐにわかると思います。

また、「日本Men’s Health医学会」のホームページでも男性ホルモン補充療法を受けられるクリニックを紹介しています。ご活用ください。■ テストステロンを上げるための10カ条

 ――自分自身でテストステロンを高める方法はあるのでしょうか? 

 日常の生活の工夫で、テストステロンを高めることができます。書籍でも紹介した「ドクター堀江のテストステロンを上げるための10カ条」を以下に載せますので、ご参考になさってください。

第1条 適度な運動をする……筋肉が刺激されるとテストステロンが作られます。
第2条 仲間とともに行動する……チームスポーツのほうがより効果的です。
第3条 ストレスを解消する……ストレスはテストステロンの大敵です。
第4章 夜更かしをしない……テストステロンは、夜寝ているときに作られます。
第5条 女性と接する……世代を問わず初めて会う女性と話すだけでもいいのです。
第6条 学生時代の友達と会う……利害関係のない友人関係が大事です。
第7章 パワースポットに出かける……自分が元気になれる場所を見つけましょう。
第8章 海に入る! ……プールではなく海のほうがテストステロンを上げます。
第9章 「臭い話」で盛り上がる……嗅覚の刺激が効果的です。
第10章 ゲームをする……神経伝達物質ドーパミンがテストステロンを高めます。

 この10カ条のほか、テストステロンを増やすためには食生活の改善も有効です。
――もっとも心がけるべきことはどれになるのでしょうか? 

 十分に睡眠をとることです。テストステロンは、夜中につくられるのです。とくに、丑三つ時(うしみつどき)、夜中の1~3時の睡眠は重要です。LED照明などは消して、しっかり睡眠をとってください。

 LOH症候群の男性患者のなかには、長距離通勤で睡眠が十分確保できていない方がよくいらっしゃいます。そうした方は、週に一度は会社の近くのビジネスホテルに泊まるなどして、睡眠をしっかり確保していただきたいものです。

 また、睡眠とあわせて、適度な軽い運動を続けることも重要です。ただし、マラソンなど運動のしすぎはかえってマイナスになりますから、ご注意ください。

 ――仕事の場などでテストステロンを上げる方法はありますでしょうか? 

 何らかの自己表現を行い、それを評価されて、自信を持つことでテストステロンは高まります。心理学用語でいえば、承認欲求が満たされたときといってもいいでしょう。仕事でうまくいって誉められたり、部下から感謝されるといったことです。仕事でなくても趣味やボランティアの場でもいいので、自分の存在意義が認められる場所があるとテストステロンを維持していけるはずです。

■ 「鼻の下を伸ばす」のも効果的

 先ほども述べたように、会社のなかでいちばんテストステロンが高いのがたいてい社長であることも、存在意義が認められていることと関係あるのでしょう。

 それと、これは仕事とは関係ないでしょうが、好みの女性に対して顔がゆるむ、いわゆる「鼻の下を伸ばす」状態でもテストステロンはグンと伸びます。

 ――最後に、最近元気がない男性に向けてお伝えしたいことはあるでしょうか。

 テストステロンは、社会の中で自分をアピールし、未知の世界に旅立たせる「夢と冒険のホルモン」であると私は思っています。

 テストステロンが高ければ、バリバリ働いて、仲間や家族、他人とのつながりを大切にしながらも、社会全般に関心を持ち、人生を積極的に楽しもうという意欲がわくものです。いつまでも若々しく、男らしさにあふれますから、必然的に女性にもモテる可能性が高まりますし、ビジネスシーンで男性からの支持も受けられやすいでしょう。

 また、年を取ればだれでも老化するものと思われがちですが、老化にもテストステロンが大きなカギを握っています。テストステロンが高ければ、若さを保つことができるのです。

 男の人生を決めるのは男性ホルモンです。ぜひとも、もっと多くの人に男性ホルモンの役割と存在意義を知ってもらい、テストステロンを高く保つ生活のコツを実践していただきたいものです。

堀江 重郎


人体に悪影響? 缶詰食品に潜む化学物質「BPA」の危険- 記事詳細|Infoseekニュース
http://news.infoseek.co.jp/articleforbesjapan_12724?ptadid=

人体に悪影響? 缶詰食品に潜む化学物質「BPA」の危険

缶詰のスープや野菜などを食べると、体に悪影響を及ぼしかねない化学物質の害を受ける可能性がある。学術誌「エンバイロメント・リサーチ(Environmental Research)」に発表された新たな研究報告は、24時間以内に缶詰食品を食べた人の尿からは、通常よりも高いビスフェノールA(BPA)が検出されたとしている。

プラスチックの原料として使われるBPAは、一部の食器や食品缶詰・飲料缶の内側のコーティング、食品用ラップなどに含まれている。私たちの体内にある一部のホルモンと分子の形が似ており、複数の動物実験で、大量に摂取すると生殖器や神経系などに深刻な問題を引き起こす可能性があることが示されている。

多くのメーカーが自主的にBPAの使用をやめており、アメリカでは哺乳瓶など幼児向け食器へのBPA使用を禁止している。また米食品医薬品局(FDA)は2012年、食生活の中で少量を摂取する分には害はないと結論づけている。

今回、スタンフォード大学のジェニファー・ハートル研究員(暴露科学)は、米疾病管理予防センター(CDC)と米農務省から入手したデータを分析。このデータには、人々の尿に含まれるBPAの濃度と、彼らの最近の食事に関する情報が含まれていた。

プラスチックと梱包材の研究を専門とする化学者のリゴベルト・アドビンキュラは、BPAが食品に溶け出すことについて、3つの可能性を指摘する。一つ目は、コーティング剤(樹脂)をつくる工程で化学反応しなかったBPAが樹脂中に残留し、食品に移行する可能性。二つ目は、缶が熱くなりすぎた場合に(熱に弱い)BPAの分子が分離する可能性。三つ目は、中の食品の油分がきわめて多く、コーティング剤が少量溶け出す可能性だ。

ハートルは、調査に参加した人(サンプル提供を行った代表的アメリカ人)の10%が、調査前24時間以内に缶詰食品を食べたことを確認。より多くの缶詰食品を食べた人は、尿に含まれるBPA濃度がより高かった。

尿中のBPA検出と最も関係があるという結果が出たのが、缶詰の果物、野菜、パスタとスープだった。ハートルは、BPAがスープやパスタに溶け出した主な理由は、缶詰の製造工程で殺菌のために行う加熱処理ではないかと考えている。こうした複数の異なる食材を含む食品は、その他の食品よりも入念な加熱が必要だからだ。

一方で、炭酸飲料などの缶入り飲料を飲んでも、尿からBPAは検出されなかった。

肉や魚の缶詰の摂取も同様に、尿中のBPA濃度上昇とは関連づけられなかった。これはハートルにとって驚きだった。ツナ缶のように油分が多い場合、コーティング剤からBPAが溶け出すと予想していたからだ。

この結果について彼女は、データの収集法が少なくとも部分的に影響している可能性があると言う。調査に参加した人々は食べたものについての記録をつけていたが、肉と魚に関する記録が混ざってしまっているものがあったからだ。

缶詰食品を食べて尿にBPAが検出される傾向は、大人よりも子どもの方が強かった。ハートルの研究を監督したジョンズ・ホプキンス大学の研究員ロバート・ローレンスは、この所見について、特に低所得世帯の子どもにとっては厄介だと言う。

「アメリカの低所得世帯の子どもにとって、できる限り新鮮な食材から適切な栄養を摂取し、調理済み食品や加工食品への依存を減らすことは難しく、この問題に目を向けることが必要だ」

FDAが安全とみなす基準を超える量のBPA摂取を回避するためには、手始めとして缶詰食品を減らすのがいいが、それだけでは不十分だとハートルは言う。

「新鮮な食材または冷凍食品が手に入るなら、そちらを選ぶことを勧める。また消費者が各企業に対して、BPAに代わる原料を探すよう圧力をかけ、その代替原料の安全性証明を義務づける法の制定を求めていくことが必要だと考える」

↑このページのトップヘ