釣りと料理と気になる話

正直、ジャンルは決めていません。しいて言えば「自分自身の興味があるものごと」でしょうか。魚釣りから、昭和のもの。鉄道に小説や漫画。気になったものから、順番に掲載できたらいいな、と考えています。何とか続けていけるよう、頑張りたいですね。

2016年05月


棋士・羽生善治名人が対局の手順を覚えていられる秘訣
http://n.m.livedoor.com/f/m/11520009?guid=ON

棋士・羽生善治名人が対局の手順を覚えていられる秘訣



 すべての物事や、それらの持つ意味を2文字で片付けられる“便利な魔法の言葉”──誰もが何気なく使う「アレ」は、口にすればするほど、あなたの脳の衰えを急加速させ、認知症のサインにもなるという。

 棋士の羽生善治・名人(王位・王座・棋聖)との共著『「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本』(徳間書店)がベストセラーとなっている脳科学者の茂木健一郎氏は、「ちょっとしたことをスマホなどで検索などせずに、日頃から思い出すようにする。そうすることで、(脳の中で記憶を司る)前頭葉から記憶を引き出す回路を鍛えられます」と、指摘。

 それ以外にも、「アレ」を単体で覚えるのではなく、固有名詞と紐付けして覚えるやり方も、「アレ」を減らす有効な方法だというが、その道の達人といえるのが、前掲書の共著者で、1996年に25歳の若さで将棋界7冠となった羽生名人だろう。

 100手先まで盤面を読み、無数の棋譜を正確に記憶する羽生名人といえども、45歳の中年を迎えた今、記憶力は日に日に弱っているはずだが、現在行なわれている名人戦でも28歳の新鋭・佐藤天彦八段を相手に堂々たる戦いぶりを見せ、衰えは見えない。

 どのようにして記憶力を維持しているのだろうか。著書ではその秘訣を、「法則性や連続性、継続性を知ること」と明かしている。羽生名人が話す。

「感想戦(対局後に相手と一緒に行なう反省・検討のこと)で正確に再現したり、棋譜を覚えたりできるのは、一手一手で記憶するのではなく、一連の手順や流れで理解しているからです。好きな歌のサビを口ずさめば、自然とその先の歌詞が出てくるのと同じです」

「アレ」を単体で覚えているのではなく、「アレの次はアレが来るから、その次はアレになるはずだ」「アレがあるということは、その前にはアレがなければおかしい」といった、法則性・連続性を踏まえて、ひとつひとつの「アレ」を記憶しているというのだ。その証拠に羽生名人はこうも語る。

「将棋のルールを覚えたばかりの幼稚園児同士の対局の解説をした時には、記憶するのがとても難しかったんです。私が予想する手は一手も指してくれない。自由奔放で法則性のないものを正確に50手、60手と覚えるのは苦労しました」

 つまり羽生名人は「コンピュータ並みの天才的な記憶力の持ち主」なのではなく、「記憶を繋ぎ合わせる天才」なのである。

※週刊ポスト2016年5月20日号





「アレだよ、アレ」は記憶にとって危険なサイン 防ぐ方法は?
http://n.m.livedoor.com/f/m/11515841?guid=ON

「アレだよ、アレ」は記憶にとって危険なサイン 防ぐ方法は?



 職場で、家庭で、あるいはレジャーの場で、固有名詞を思い出せずにもどかしい思いをする中年世代は多い。そんな時につい「アレだよ、アレ」と口をついてしまうが、本人以上にもどかしいのは、それを聞かされる側だ。中堅メーカー勤務の30代会社員がこぼす。

「50代の部長からの指示は『アレ、出しといて』とか、『アノ人によろしく』ばかり。話の内容から想像して“報告書はすでに提出しました”“承知しました。取引先の○○課長ですね”と答えるのですが、ひどい時は『アレを、アノ人に、アレしといて』ですから、禅問答ですよ(苦笑)」

 歳を重ねるにつれて増える「アレ」。食卓の醤油瓶も、朝ドラのヒロインの名前も、仕事に欠かせない大事な書類も、次から次へと「アレ」に“改名”されていく。

 ついつい“年齢のせいだからしょうがない”“伝わっていれば問題ない”と片付けがちだが、実は「アレだよ、アレ」は危険なサインなのだという。横浜新都市脳神経外科病院の眞鍋雄太・認知症診断センター部長が説明する。

「“アレ”や“ソレ”といった指示語は誰でも瞬間的に使いますが、問題は時間が経っても“アレ”が何を指しているのかを思い出せない場合です。

 数分後、数時間後であっても思い出せる場合は、自然な老化現象としての記憶力低下です。いうなれば“良性の物忘れ”と表現できます。しかしいつまで経っても“アレ”のままだったり、さらに深刻なケースとして自分が“アレ”を連発していたこと自体を忘れてしまったりするようなら認知症を疑う必要が出てくるでしょう」

 しかも厄介なのは「アレだよ、アレ」の使い方によって、危険度が異なる点だという。例えば、「今日初めて訪問する会社……アレ、ひらがな3文字の……」の場合は、瞬間的な記憶(短期記憶)の欠落で、「良性の物忘れ」の可能性が高い。

 だが、その会社が「長年の取引先」だった場合は危険度が高くなる。単なる固有名詞ではなく、それまで自身が関わってきた経験(エピソード記憶)まで忘れている可能性があるからだ。

「前者は記憶を司る部位である海馬の細胞が減少して生じる『海馬萎縮』という現象が主な原因です。30歳頃から人間の脳では1日に10万個の神経細胞が死滅するとされ、当然、それに比例して記憶力は低下します。結果、新しい情報を覚えられなくなったり、必要度の低い記憶を忘れていくのです。

 一方、後者は加齢による脳細胞の死滅に加え、アミロイドβという脳細胞の老廃物が脳内に蓄積することによって生じる現象です。この老廃物が海馬などに溜まることで、エピソード記憶を含む記憶力が著しく低下するといわれており、日本人の認知症の6~7割を占める『アルツハイマー型認知症』がこれにあたります」(眞鍋氏)

 しかしながら、話している本人は「アレ」が短期記憶を指しているのかエピソード記憶なのかの区別を自覚しているわけではないし、聞かされる側も判別しようがない。医学的にも「MRIなどで診断しない限り、言動から物忘れと認知症を見分けることは難しい」(同前)という。だからこそ、「アレ」は困りものなのだ。

 では、認知症のサインとなる「アレだよ、アレ」を防ぐ方法はあるのだろうか。前出・眞鍋氏が語る。

「短期記憶であれエピソード記憶であれ、記憶の欠落を防ぐためには、脳に適度の負担をかけ続けることが有効です。それによって脳細胞が刺激され活性化するからです」

 棋士の羽生善治・名人(王位・王座・棋聖)との共著『「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本』(徳間書店)がベストセラーとなっている脳科学者の茂木健一郎氏もこう指摘する。

「ちょっとしたことをスマホなどで検索などせずに、日頃から思い出すようにする。そうすることで、(脳の中で記憶を司る)前頭葉から記憶を引き出す回路を鍛えられます」

 それ以外にも、「アレだよ、アレ」を減らす方法がある。「アレ」を単体で覚えるのではなく、固有名詞と紐付けして覚えるやり方だ。それが上手くできれば、歳を重ねても記憶力は低下しにくくなる。

※週刊ポスト2016年5月20日号







本当に酷い話。Aさんの交渉力が素晴らしい!

ツアー旅行当日、A子「B子もC子もバスも来ないね」私「電話してみよう」→業者「バスは参加者25人を全員乗せて既に出発してます」私「は?」
http://kazokuchannel.m.doorblog.jp/article/48567253?guid=ON



日本人失明原因1位の緑内障 40歳以上の20人に1人が発症
http://n.m.livedoor.com/f/m/11501069?guid=ON

日本人失明原因1位の緑内障 40歳以上の20人に1人が発症



老後の健康問題で最も辛いことは何か。意外にも、いつかは誰もが迎える「死」より「目が見えなくなることのほうが辛い」という人は多い。都内在住の60代男性がこう振り返る。

「異変に気付いたのは50代後半の頃でした。ある日、ゴルフでティーショットを打って打球を目で追ったら、視界からフッとボールが消えたんです。その時は気にしませんでしたが、後日、コンビニでおカネを渡す際に店員の上半身だけ見えないということがあった。さすがにこれはおかしいと思い、眼科を受診したら『緑内障』と診断されたんです」

 現在この男性は症状が悪化し、左目は全く見えず、右目の視界はかつての半分程度になった。屋外ではわずかな陽光でもまぶしく、サングラスをかけなければ外出できないという。

 緑内障(開放隅角緑内障)は目と脳をつなぐケーブルの役目をしている視神経の繊維が減っていく病気で、徐々に視野が欠けていく。視神経が徐々に減ると、初期状態では減った神経が認識していた部分の視野が見えづらくなる。中期になるとその見えない部分が徐々に広がり、末期ではほぼ全体が見えない部分で埋まって、目の前が暗くなる。最悪の場合は失明に至る。

 日本緑内障学会の大規模疫学調査「多治見スタディ」によると、推定患者は約400万人で、40歳以上の約20人に1人が発症している。『緑内障の最新治療』(時事通信社刊)の著者で、彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類氏が次のように語る。

「実は、日本人の失明原因の第1位は緑内障です。私の患者さんでも症状が悪化していて、来院時には既にほぼ見えなくなっていたという方が少なくありません。私の感覚では男性は放置して悪くなりがちです」

 厚労省の調査(2008年)では、失明した人のうち、緑内障の割合は20.9%にのぼる。

 タレントの大橋巨泉(82)は1999年に緑内障と診断され、度々メディアで失明への恐怖を語ってきた。2014年放送のNHK朝ドラ『花子とアン』で仲間由紀恵(36)が演じた蓮子のモデルである歌人・柳原白蓮は、晩年に緑内障を患って両目を失明した。その時の辛さをこう歌に詠んだ。

〈月影は わが手の上と 教えられ さびしきことの すずろ極まる〉

 民進党の柿沢未途衆院議員の母で、「緑内障フレンド・ネットワーク」代表の柿沢映子氏(77)は、49歳で緑内障と診断された時、既に左目は失明し、右目の視野も奪われ始めていた。

「異変に気付いたのは診断の数か月前でした。車の運転中、センターラインをオーバーしたり、縁石に乗り上げるようになったのですが、老眼が進んだだけだと思っていた。視力が悪くなるわけではなく、視野が欠けるだけなので、上や下を向けば見えるんですが、ついにはあるはずの信号まで見えなくなった。それで運転をやめました。

 その後、友人の勧めで眼科を受診した際に視力検査で右目を覆った途端、目の前が真っ暗になった。『明かりを消されちゃ見えないわよ』って言ったら、『電気、点いてますよ?』と言われてやっと事態を把握した。

 失明まであっという間だったので、正直、恐怖を感じる間もありませんでした。いま何とか右目の視野は1割残っていますが、いつも針の穴を通して物を見ているような状態です」

 緑内障の最大の問題は、1度欠けた視野は回復しない点だ。そのため緑内障と診断されても、進行を抑制する以外の処置はない。にもかかわらず、初期の自覚症状がほぼないところに怖さがある。

 前出の多治見スタディによると、緑内障患者のうち、9割は自分の病気に気付いていなかったという。初期状態では進行していないもう一方の眼や脳の働きによって全てが見えているかのように補正してしまうため、緑内障と分かった時には末期だったという例は少なくない。

※週刊ポスト2016年5月20日







家電屋の閉店セールを狙い、ネット転売で50万円の儲けに
http://n.m.livedoor.com/f/m/11495198?guid=ON

家電屋の閉店セールを狙い、ネット転売で50万円の儲けに



 今や「副業」はサラリーマンにとって切っても切れない処世術。とくに、転売はアプリなどインフラの充実によって気軽に参入できるようになった。だからこそ、差をつけて確実に売りたい。月に10万円以上稼ぎ出す賢者たちにそのコツを聞いた。

◆狙いは、家電、おもちゃ、ジーンズの“人気商品”

――閉店セール狙い【月の儲け:50万円】

 転売歴8年目の小山伸晃さん(仮名)の仕入れ先は、閉店セール。

「毎日ネットで情報収集し、閉店セールがあれば初日の朝一番には店に着いてドッサリ仕入れます。場所によっては、前の晩に車で出発し近くのビジネスホテルに宿泊。それでも余裕で元が取れます」

 ジャンルは、衣料品、おもちゃ、家電製品など。仕入れたら、買ったその日に写真を撮り、ヤフオクに出品。特に家電は季節違いでない限り、新商品が出て値が下がる前に売り切るようにしている。

「最初はジーンズやおもちゃから始め、元手が増えてきてから家電も買うように。リーバイスなどのデニムは季節を問わずどんなに安くても仕入れ値の1.5倍で売れるんです。でも利益率が一番いいのは家電ですかね。最近では、個人電器屋の閉店セールでテレビからブルーレイレコーダー、デジカメなど10商品を総額50万円で仕入れ、その2倍の100万円で転売。50万円も儲けましたから」

 売れる商品の基準は「人気度」。

「価格コムなどで順位が上のものや、レビューで『使い勝手がいい』と書かれているものはやはり高値がつきます。仕入れの際は、この人気度と落札相場が頭に入っているので、その場で値札と相場を比較し、人気商品は迷わず買います」

 ヤフオクに出すときは、相場より安い値段からスタートし、入札数を増やして注目されるようにしたり、自分の出品が上部に来るよう設定したりと目立たせる工夫も。

「今注目しているのは、北海道新幹線の関連グッズ。地域限定モノも売れますからね」

【定価9万円のブラビア】

仕入れ値:5万円

売り値:8万円

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1088344

【小山伸晃さん(仮名)】

28歳、北海道の飲食店勤務。夜間に働いているため、閉店セールの初日は朝一番で仕入れができる。車があるのも有利だ

― 副業[転売]で月10万円稼ぐ ―




↑このページのトップヘ