釣りと料理と気になる話

正直、ジャンルは決めていません。しいて言えば「自分自身の興味があるものごと」でしょうか。魚釣りから、昭和のもの。鉄道に小説や漫画。気になったものから、順番に掲載できたらいいな、と考えています。何とか続けていけるよう、頑張りたいですね。

読むだけの素人の意見。
過去の作家は「売れる」という事にこだわっていたと思う。読むと面白いし、また次に読みたくなる。
私も松本清張先生や司馬遼太郎先生の本を競うように買っていた。でも今の作家ってどう?
実は最近の作家の作品をほとんど読んでいない。
ただし、百田尚樹先生は除く!
理由は簡単。
「つまらない」から。
逆にこう思う時もある。
「確かに大きな賞を取って名前も売れているけど、何でこんなにつまらない小説を何百ページも書いている訳?」
と。
それが不思議でならない。
「どういうつもりで書いているのかなあ~」
とか思う。
でも百田先生は違う。とても面白いものを書かれる。売れて当たり前だと思うし、幻冬舎の見城徹社長が高く評価するのは当然だと思う。
それと最後に。
漫画が相変わらず面白いのは、漫画家の方々が「面白さ」を追及しているからに他ならない。漫画の力が出版社を支えている。
売れている作家さんや漫画家さんは胸を張ってよいと思う。
そして売れない作家は、読者からすれば、
「売れている作家や漫画家の人達に意見するなら、売れてから言え!」
と言いたい。
会社に迷惑をかけている癖に偉そうにするな!
と。
特に百田尚樹先生を批判する暇があったら、本が売れる勉強でもすればよい。


販売力のない出版社はいらない。作家直販時代の到来〜幻冬舎見城徹VS作家津原泰水騒動 https://lite.blogos.com/article/378019/  

驚きました!
ケムリクサでなんと日清食品のどん兵衛のCMが入るとは!

「どん兵衛×ケムリクサ」コラボCM公開 月見そばならぬ「キイロそば」を作る - ねとらぼ https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/28/news107.html

以前は、たつき監督がやっていた、けものフレンズ1でどん兵衛のCMがありました。

"キタキツネ、ギンギツネが可愛すぎる!" を YouTube で見る

日清食品は、けものフレンズではなく、ケムリクサを選んだんですね!
つまり『たつき監督を選んだ』という訳ですね。
正解だと思います!

キタキツネとギンギツネがきつねうどんを作る 「どん兵衛×けものフレンズ」コラボCM公開 - ねとらぼ https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/19/news122.html

ちなみにCMの動画は消されていました。理由は分かりませんが未だに、たつき監督にお金を払っていないらしい、けものフレンズの制作会社。たつき監督が関係しているものは、徹底的に消したいのでしょうか?
どこまでも卑怯な制作会社ですね!そんなところが作る、けものフレンズ2は正直、穴だらけというか、いい加減というか「もう、これ以上1作目のイメージを壊さないでくれ!」と言いたいです。



"パソコンデスクでミニダッチオーブンを使ってローストチキンを作ろう! (26) #ダッチオーブン #ミニダッチ #簡単 #ローストチキン #ユニフレーム #スーバーディープ #6インチ" を YouTube で見る https://youtu.be/nKT1dIqbnW8

"トイレの足 (2) #恐い #怖い #恐い話 #怖い話 #トイレの足 #トイレ #足" を YouTube で見る https://youtu.be/6MEnRVIOVGA

↑このページのトップヘ